はてなブログBusiness サブディレクトリオプションについて

はてなブログBusiness サブディレクトリオプションについて

ブログの設置URLを適切に変更すれば
SEO・アクセス解析・メディア認知
パフォーマンス
向上する!

お客さまのサイトと同じドメイン(サブディレクトリ)にはてなブログを設置できます。
企業サイト全体の信頼性が向上し、SEOの観点で大幅に有利になります。

サブディレクトリオプションを申し込む

サブディレクトリオプションの申込みにはブログBusinessの契約が必要です。
ブログBusinessについての詳細はこちら

 

サブドメインで企業ブログをつくるのはもったいないと思います。
極力、サブディレクトリに移動するべきでしょう。

SEO専門家辻 正浩

企業ブログはサブディレクトリに配置することがSEOの鍵

 近年、インターネット上にフェイクニュースなどの誤った情報が流布されるようになり、Googleがその対策に乗り出していたことはご存じの方もいるかもしれません。
そのなかで、2016年ごろから検索順位を決める上で重視されるようになったのが「サイトの信頼性」。当初は医療や金融などセンシティブな情報を扱う分野中心でしたが、現在は非常に幅広い分野で、そのサイトは信頼できるかどうか、ということが厳しく問われています。
もちろん、このような変化は必ずしも良いことばかりではありません。ただ、悪質な情報発信を行う人が増え、実際に騙されてしまう人も増えていることを考えると仕方ないと思いますし、しばらく「信頼されるサイトが検索では有利」という流れは変わらないだろうとも思います。

── なるほど。では、「サイトの信頼性」を高めるために意識すべきことは何でしょうか?

 変わらないこととして「インターネット上で多く求められる存在かどうか」ということがあります。より多くの機会で、より多くの人に求められるサイトは、より検索結果でも露出しやすくなります。ここで気をつけたいのは、信頼性は人や企業ではなくサイトに紐づく、ということ。仮に同じサイトオーナーが複数のサイトを運営していても、それらは個別に評価されるということですね。
そこで重要になってくるのが、企業ブログをサブディレクトリに置くことです。そうすれば、企業サイトと企業ブログを別の場所で運営していた場合に分散していた評価が一つのサイトに集中することになるので、結果的に効率的に信頼性を高めることができるというわけです。
これまで企業サイトのサブディレクトリにブログを設置しようと思うと、自社での対応が必要なものが多く、なかなか採用が難しいケースもありました。今回、運用が簡単な外部サービスでサブディレクトリに置けるというのは非常に大きなポイントと言えるのではないでしょうか。

── ちなみに「別の場所」と仰ったように、企業ブログなどの情報発信の場をサブディレクトリではなく、サブドメインに配置しているという企業も多いと思います。この場合はSEOの観点からいかがですか?

 別ドメインにするよりは良いですが、Googleからは別サイト扱いとなって評価されづらいことが多いですね。例外もありますが、サブドメインで企業ブログをつくるのはもったいないと思います。極力、サブディレクトリに移動するべきでしょうし、実際に私がお手伝いしている企業さまにもそのようにしていただくことが多いです。

記事全文はこちらから ⇒
記事の続きを見る

 

サブディレクトリオプション

おすすめしたい企業

  • 片手間で企業の情報発信を行っている
  • 情報発信するブログのSEOを手軽に行いたい
  • アクセス解析の設定が複雑で難しいので簡単にしたい
  • 企業サイトとブログを統一感あるデザインにしたい
  • WEBに関する知識が乏しくても情報発信するブログのシステム構築、管理をしっかりしたい

設置パターン診断

お客様の環境によりおすすめの構成が異なります。以下の条件にチェックを入れてご確認ください。

Q

自社でリバースプロキシを設置できる

リバースプロキシとは?

リバースプロキシとは外部のインターネットから特定のサーバーなどへアクセスされる通信を中継する仕組みです。Apache HTTP Server, nginx, Amazon CloudFront™などにより実現が可能です。
なお、リバースプロキシで求められる要件は以下のとおりです。

・プロキシする際に追加のHTTP リクエストヘッダを設定できること
・特定のパスの時にプロキシできる条件設定ができること

リバースプロキシとは【Wikipedia】
Noの方はこちら
お客様におすすめの構成は、
パターンAです!

お客様の環境にてリバースプロキシを構築し、そこに弊社はてなブログBusinessを組み入れていただく構成

ブログBusinessサブディレクトリオプションをパターンAにてご利用いただける見込みです。
料金など他の条件を確認の上、お申込みください。

Q

利用したいサイトのドメインはネイキッドドメインでなく「www」などのついたサブドメインである

初めから
Noの方はこちら
Q

利用したいドメインを管理しているドメイン管理サービス上でANAME(Alias) / CNAME Flatteningを使ったレコード登録ができる

ANAME(Alias) / CNAME Flatteningとは?

ANAME(Alias) / CNAME FlatteningとはDNS本来の仕様としてCNAMEレコードを設定できないネイキッドドメイン(Zone Apex)においてCNAMEのように名前を指定したDNSレコードを設定できる仕組みです。
Amazon Route53™、ムームードメイン、Gehirn DNSなどのサービスが対応しています。

ANAME(Alias) / CNAME Flatteningとは【Wikipedia】
初めから
Noの方はこちら
Q

親となるサイトが静的なHTMLをベースに制作されている

静的なHTMLとは?

「静的なHTMLをベースに制作」とは、HTMLのソースコードをFTPやSCP等でWebサーバーにアップロードする形でサイトを表示する様な環境を指しています。
Wix、wordpress.com、movabletype.net等SaaSもしくはそれに準ずる形式でサイト構築環境が提供されている場合は、基本的に対応できません。
他社のCMSで動的なサイト表示が行われている場合でも、対応できるケースはありますので、詳細は申込後ご相談ください。

静的なHTMLとは【Wikipedia】
初めから
Noの方はこちら
お客様におすすめの構成は、
パターンBです!

弊社の運用するAWS環境にてリバースプロキシを構築し、そこに御社のWebサーバートラフィックをプロキシ(代理)する
※既存のお客様環境に対する外からのアクセス負荷やトラフィックはすべて弊社側の環境で受け持つことになります

ブログBusinessサブディレクトリオプションをパターンBにてご利用いただける見込みです。
料金など他の条件を確認の上、お申込みください。

パターンBについては環境的な制約条件が複雑となるため、構成がよりシンプルになる基本的にはパターンAを推奨します

お客様におすすめの構成は、
パターンBです!

弊社の運用するAWS環境にてリバースプロキシを構築し、そこに御社のWebサーバートラフィックをプロキシ(代理)する
※既存のお客様環境に対する外からのアクセス負荷やトラフィックはすべて弊社側の環境で受け持つことになります

ブログBusinessサブディレクトリオプションをパターンBにてご利用いただける可能性がございますが、サーバー提供事業者やドメイン管理サービスなどを移転いただくといった作業がお客様で必要になる場合がございます。その他の条件も含め、詳細についてはお申し込みいただいた上で相談させてください。

パターンBについては環境的な制約条件が複雑となるため、構成がよりシンプルになる基本的にはパターンAを推奨します

ご利用環境要件

サーバー/インフラ環境

  • リバースプロキシをクライアント側で設置していただくことを推奨
  • リバースプロキシを弊社側で構築・提供することも可能ですが、その場合はお客さま側での環境について細かな制約条件が発生します。ご了承ください。

ドメイン

  • リバースプロキシーをクライアント側で設置していただく場合は特に制約はありません。
  • リバースプロキシを弊社側で構築・提供する場合で、かつURLとしてwww.等のないネイキッドドメインでの設置を希望される場合、ANAME(Alias) / CNAME Flattening ※を使ったレコード登録ができることが条件となり、その仕様を満たさない場合はドメイン管理事業者を移行いただく必要があります。

アプリケーション

  • リバースプロキシーをクライアント側で設置していただく場合は特に制約はありません。
  • リバースプロキシを弊社側で構築・提供する場合で、かつ親となるサイトが静的HTMLの設置でなく動的なHTML生成がされる環境で構築される場合や会員ログインなどの仕組みを利用されている場合などでは、サブディレクトリオプションの提供ができない場合がございます。ご了承ください。

ANAME(Alias) / CNAME FlatteningとはDNS本来の仕様としてCNAMEレコードを設定できないネイキッドドメイン(Zone Apex)においてCNAMEのように名前を指定したDNSレコードを設定できる仕組みです。

ご利用料金

初期費用
無料
ブログBusiness月額利用料金
¥4,980

サブディレクトリオプション
月額利用料金

1ディレクトリ
¥15,000
2ディレクトリ
¥25,000
3ディレクトリ
¥35,000

例: ドメイン名/blog で1ディレクトリ利用の場合、月額料金は¥19,980/月となります

注意点
  • 価格はすべて税込みです。
  • サブディレクトリオプションをご利用の場合、ブログBusinessのご利用料金に加え、ブログの設置数(サブディレクトリの数)に応じてサブディレクトリオプションの利用料金がかかる点にご注意下さい。
    • 例:/blog、/column/で2ディレクトリ(2ブログ)をサブディレクトリでご利用の場合、¥4,980+¥25,000=¥29,980/月となります。
    • 4ディレクトリ以上でのご利用を希望される場合はお問い合わせ下さい。
  • サブディレクトリオプションをご利用の場合、1ヶ月コースの料金設定のみとなり、1年コース、2年コースの料金は現時点で設定がございません。
  • お支払い方法については、サブディレクトリオプションをご利用がない場合、クレジットカード決済、サブディレクトリオプションを利用される場合は請求書による銀行振込み払いとなります。

お申し込みフォーム

サブディレクトリオプションを申し込む

サブディレクトリオプションの申込みにはブログBusinessの契約が必要です。
ブログBusinessについての詳細はこちら